女子力高い女子がお風呂の中でやっていること

①湯船に浸かる

まずは熱めの湯船にゆったり浸かります。
温度は40~42度くらいが理想。
まずはリラックス。
ここでしっかり毛穴を開くことで身体の汚れを落としやすくします。
顔に蒸しタオルをのせたり、
こまめに水分補給をしたりします。

②洗顔はしっかりと

まずはメイク落としでメイクを完全にオフします。
メイクが残っていると、毛穴トラブルにも。
オイルタイプで完全に落とし切りましょう。
湯船で毛穴を開いたら、タオルやガーゼタイプの布に洗顔量を泡立て、優しく洗っていきましょう。
毛穴の中まで洗う気持ちで。

③シャンプーは髪ではなく頭皮を洗う

シャンプーするとき、髪の毛にシャンプーを泡立てて満足していませんか。
大事なのは頭皮の毛穴を洗うことです。
こうしないとフケやかゆみの原因にも。
泡立ちを良くする為にも、シャンプーする前に頭皮をしっかり濡らして下さい。

④トリートメントは二回

洗う前と洗った後の二回付けがオススメ。
髪の毛が、痛みにくく、つやつやになれます。
洗った後は少し馴染ませる時間を置きましょう。
浸透率が上がります。

今日からできる、簡単ケアで女子力高めていきましょう。
美は1日にしてならず。
だからこそ無理なく取り入れられる習慣が大事なんです。

娘と入浴しながらむだ毛処理

わたしは高校生になる自分の娘と一緒に毎晩入浴しています。娘が小さい頃からずっと一緒にお風呂へ入ってきました。その日会った学校での出来事やわたしのストレスや出会った人たちのことなど、入浴しながらいつも楽しく話をしています。

これがわたしのストレス解消法であり、娘にとっても問題を解決する場になっています。入浴の時間はまさに裸のつきあいであり、心まで裸になって隠し事なくお互い自然に本音で話ができるのです。

そういう場でわたしと娘はむだ毛の処理を熱心にしています。むだ毛の処理をしながらも口は良く動いていますが・・・。娘は安全カミソリが大好きで、むだ毛が伸びてくるとその都度石けんをその部分につけてから安全カミソリでむだ毛の処理をしています。

鼻歌を歌ったりしながらとても楽しそうにむだ毛の処理をしています。わたしもそれにつられて楽しくむだ毛の処理をしています。わたしは安全カミソリを使う前に入浴して肌を柔らかくしています。

幸せを作る食生活

私が健康で気をつけている事は、食生活です。
とくに、大豆を多く食べるようにしています。
お昼を納豆ご飯にしてみたり。
納豆が食べれない時は、おやつに枝豆を食べたり。

他にも、豆乳を飲んだり。お豆腐を食べたりと工夫しています。

なぜ、そんなに大豆が良いのかと言うと、美肌効果があるのと、便通を良くしてくれるからと聞いたからです。
年齢のせいもあって、最近ではシミやそばかすが気になるようになりました。
なので、積極的に大豆を摂取する事で予防出来たらいいなと思っています。

他にも、お野菜を多く食べるようにするために、サラダだけじゃなくてスープにも力を入れています。
お味噌汁や野菜スープで多くの野菜を食べるのですが、お腹もみたされるし、栄養満点で、食べすぎ予防にもなるので、スープは積極的に食べるようにしています。

また、お野菜を多く取るようにしたからか、旦那様は健康診断での引っかかりが無くなったようで私も安心している所です。

あと春になったら健康の為に5000歩ほどウォーキングを再開したいなとも思っています。
ストレス発散にもなるし。
新しいウォーキングシューズでも買って楽しみたいと思います。

面倒だなって思うけど…

肌の露出が増える季節になってきましたね。もともと毛深いタイプの私には面倒な季節です。

最近フランスで“女性が体毛の処理をしない自由”について話題になっているというネットニュースを見ましたが、日本人は毛が黒いので生やしっぱなしにしていると、やはり冷ややかな目で見られる気がして、結局ムダ毛の処理は面倒でもしなくちゃならないのかと思う今日この頃です。

私はとてもずぼらな上に肌もそんなに強いほうではないので、肌を見せない季節は処理をしません。
見せる時季でさえ見えるところしか処理をしないくらいです。

除毛用のクリームで肌が負けた経験があるので私はもっぱら電気シェーバーで剃る派。肌への負担を少しでも減らすため、乾燥しないようにボディクリームでケアをしながら頑張っています。

最近は昔と違って脱毛専門のサロンができ、価格もそれなりに手の届く範囲になってきたのでワキだけは永久脱毛をしに行こうか迷っているところです。
みんなそれぞれ大変ですが、お肌を傷めないように気を付けて、おしゃれのために頑張りましょうね。

旬のお野菜をたっぷり食べて成人病を予防しましょう

野菜に含まれているビタミンやミネラルは体の健康維持に多くの良い働きをしてくれます。特に旬の野菜はその季節に特に必要な栄養素がたくさん含まれていますし、農薬も最小限で育てられていますから、安心してたくさん食べることができるでしょう。それぞれの野菜にはどんな効果があるのでしょうか。

例えばジャガイモはでんぷん質が多い野菜なので、低カロリーで満腹感を得ることができ体重の増加を防ぐことができます。またビタミンCやカリウムもたくさん含まれています。このカリウムは血中の塩分を排出する働きがあるので、血圧を下げたり高血圧を予防するという効果があります。

また赤いトマトは栄養抜群の野菜です。ビタミンAやビタミンCはもちろん脂肪の吸収を抑えるビタミンB6もたくさん含まれています。またよく知られているリコピンには抗癌作用もあります。

この他にも野菜全般には食物繊維が含まれていますので、胃腸の働きを整え全身を健やかに保つなど…野菜には数えきれない効果があります。サラダや温野菜などで毎日たっぷり食べたいものです。

老眼が始まったわたしにムダ毛処理は大変

ムダ毛処理は得意ではありません。学生時代から長い間ムダ毛処理をしてきましたが、いつも思うのは「ムダ毛処理は自分の意のままにはならない」ということなんです・・・。

「こんなに自分の意のままにならないことってほかにあるだろうか」と思うくらいムダ毛の処理は面倒くさいです。とにかくきれいに、自分がコレなら満足!というようなムダ毛処理ができません。

目標が高いとか完璧主義ということではないです。普通に肌からムダ毛がなくなってつるつるの肌になればそれで十分満足です。だけど肌をつるつるにすることが難しいのです・・・。

カミソリを使って処理をするとほんの少し肌に毛の先が残ります。毛抜きだったら完全に毛を引き抜くから処理した後はつるつるになります。でも、毛抜きで毛を引き抜くのは老眼が始まっているわたしにとって大変なのです。

老眼で近くのものが見えにくいから、最近はもっぱらカミソリでムダ毛を処理しています。なかなか大変です。

少量でも何でも良く噛んで頂きます

健康になるためには何でも食べなくてはいけないと思っています。私はそれほど多く好き嫌いがあるわけじゃないけれど嫌いな食べ物があります。絶対に食べられないものは豚肉の脂身。鳥の皮も苦手なんですがカラカラに揚げるなりうまく調理すれば食べられます。

野菜はほぼ何でも食べられるので野菜については問題ありません。果物も好き嫌いはほとんど無い状態です。魚は小骨が多い魚だと骨が気になって手が出ません。これも調理方法によっては小骨まで食べられるので骨まで全部食べられる料理を食べています。

このように好き嫌いはあまりないのですが量を食べられないので栄養状態は良くないかもしれません。40代になってからたくさん食べられなくなりました。胃が小さくなったのか消化が遅くなったのかこれも老化現象の一つですね・・・。

いろいろ自覚しているので量は少なくても何でも良く噛んでおいしく頂くことを心がけています。どうしても食べられないものは無理をしません。

サボりたい日の言い訳

乾燥が気になる季節。

基本、私は湿らしたコットンを顔に乗せ、化粧水をたっぷり湿らせ2分パックを習慣にしています。そのあとに、今流行りのオールインワンのジェルを塗って終わりです。

朝晩毎日のお手入れ、さほど時間をかけるわけではないのに、とにかく面倒に感じてしまう事があります。美容マニアの方のブログをのぞくと、「肌は手を掛けただけ、輝きを増します。」みたいな事が書かれています。まぁその通りなんでしょう。でも、ナチュラルなお手入れ以上をすると、肌に無駄な負担がかかってトラブルに繋がる気もするんです。

で、私は鏡をみて、手を掛けようと思える日は、基本のスキンケア以上の事をするし、面倒でげっそりな気持ちの時は基本のスキンケアすら怠ります。毎日しっかりできれば良いんでしょうが、上記のやりすぎも肌の負担になるんだという事を言い訳に休んでも良いと思うようにしています。

メイクだって、毎日しっかりやっていたら絶対に負担がかかりますもんね。たまには何もしない日があっても良いはず。ただし、日焼け止めだけはかかしませんよ。

気軽に野菜を摂って健康生活

健康な生活に野菜は欠かせません。かといって、面倒な野菜料理を作るのは嫌だ、と言う方も多いと思います。簡単に野菜を取るには、野菜ジュースもおすすめです。これだと気軽に野菜を摂ることができます。

また、簡単な野菜の取り方ですと、アボカドを二つに切り、種を取ります。その種を取ったくぼみに、醤油をたらし、スプーンで食べます。お皿もいりませんし、アボカドと醤油がよく合って、とてもおいしいです。

野菜は、一日に350グラム以上摂るのがよいと言われています。料理が苦手な方には、結構な量かもしれません。そんな方は、電子レンジを活用するのもいい方法です。カボチャ、ブロッコリー、じゃがいもなどを耐熱容器に入れ、レンジで加熱して食べると、楽に、調理することができます。

また、冷凍の野菜を使うことも、楽に時短ができます。枝豆などは、常温においておけばいいものもあります。また、レトルトのラーメンやカレーなどを食べるときにも、冷凍の野菜をさっとゆでて、加えるのがおすすめです。

話題になった食べ物は試しています

年齢を重ねると、いろいろ悩みも出てきます。肌のこと、髪のこと、体型のこと。などなどです。いろいろ自分に気をつかってあげたいけれど、お金のかかることはできません。

私は、雑誌などの記事から得た情報で、主に食べ物などで、体の中から自分に気をつかってあげています。
例えば、アマニ油。一ビンが小さくて、普通のサラダ油に比べたら、とっても高いですが、食る量は小さじ1程度ですから、けっこうもちます。私は、おむすびに一たらししたり、結構料理に使っていたのですが、ほかの家族からブーイング。魚くさいにおいがだめだったようです。食べているのは私だけなんですけれどね。

それからココナッツオイル。万能のようなので、これも早速買いました。コーヒーに溶かしてアロマコーヒーにして毎朝飲むのですが、これも家族からブーイング。においがいやだと。私だけが使っているんですけれどね、これも。

そして、アーモンド。ビタミンEや鉄分が豊富ですから。これがいちばん続いています。家族もぽりぽり。おすすめですよ。