幸せを作る食生活

私が健康で気をつけている事は、食生活です。
とくに、大豆を多く食べるようにしています。
お昼を納豆ご飯にしてみたり。
納豆が食べれない時は、おやつに枝豆を食べたり。

他にも、豆乳を飲んだり。お豆腐を食べたりと工夫しています。

なぜ、そんなに大豆が良いのかと言うと、美肌効果があるのと、便通を良くしてくれるからと聞いたからです。
年齢のせいもあって、最近ではシミやそばかすが気になるようになりました。
なので、積極的に大豆を摂取する事で予防出来たらいいなと思っています。

他にも、お野菜を多く食べるようにするために、サラダだけじゃなくてスープにも力を入れています。
お味噌汁や野菜スープで多くの野菜を食べるのですが、お腹もみたされるし、栄養満点で、食べすぎ予防にもなるので、スープは積極的に食べるようにしています。

また、お野菜を多く取るようにしたからか、旦那様は健康診断での引っかかりが無くなったようで私も安心している所です。

あと春になったら健康の為に5000歩ほどウォーキングを再開したいなとも思っています。
ストレス発散にもなるし。
新しいウォーキングシューズでも買って楽しみたいと思います。

旬のお野菜をたっぷり食べて成人病を予防しましょう

野菜に含まれているビタミンやミネラルは体の健康維持に多くの良い働きをしてくれます。特に旬の野菜はその季節に特に必要な栄養素がたくさん含まれていますし、農薬も最小限で育てられていますから、安心してたくさん食べることができるでしょう。それぞれの野菜にはどんな効果があるのでしょうか。

例えばジャガイモはでんぷん質が多い野菜なので、低カロリーで満腹感を得ることができ体重の増加を防ぐことができます。またビタミンCやカリウムもたくさん含まれています。このカリウムは血中の塩分を排出する働きがあるので、血圧を下げたり高血圧を予防するという効果があります。

また赤いトマトは栄養抜群の野菜です。ビタミンAやビタミンCはもちろん脂肪の吸収を抑えるビタミンB6もたくさん含まれています。またよく知られているリコピンには抗癌作用もあります。

この他にも野菜全般には食物繊維が含まれていますので、胃腸の働きを整え全身を健やかに保つなど…野菜には数えきれない効果があります。サラダや温野菜などで毎日たっぷり食べたいものです。

少量でも何でも良く噛んで頂きます

健康になるためには何でも食べなくてはいけないと思っています。私はそれほど多く好き嫌いがあるわけじゃないけれど嫌いな食べ物があります。絶対に食べられないものは豚肉の脂身。鳥の皮も苦手なんですがカラカラに揚げるなりうまく調理すれば食べられます。

野菜はほぼ何でも食べられるので野菜については問題ありません。果物も好き嫌いはほとんど無い状態です。魚は小骨が多い魚だと骨が気になって手が出ません。これも調理方法によっては小骨まで食べられるので骨まで全部食べられる料理を食べています。

このように好き嫌いはあまりないのですが量を食べられないので栄養状態は良くないかもしれません。40代になってからたくさん食べられなくなりました。胃が小さくなったのか消化が遅くなったのかこれも老化現象の一つですね・・・。

いろいろ自覚しているので量は少なくても何でも良く噛んでおいしく頂くことを心がけています。どうしても食べられないものは無理をしません。

気軽に野菜を摂って健康生活

健康な生活に野菜は欠かせません。かといって、面倒な野菜料理を作るのは嫌だ、と言う方も多いと思います。簡単に野菜を取るには、野菜ジュースもおすすめです。これだと気軽に野菜を摂ることができます。

また、簡単な野菜の取り方ですと、アボカドを二つに切り、種を取ります。その種を取ったくぼみに、醤油をたらし、スプーンで食べます。お皿もいりませんし、アボカドと醤油がよく合って、とてもおいしいです。

野菜は、一日に350グラム以上摂るのがよいと言われています。料理が苦手な方には、結構な量かもしれません。そんな方は、電子レンジを活用するのもいい方法です。カボチャ、ブロッコリー、じゃがいもなどを耐熱容器に入れ、レンジで加熱して食べると、楽に、調理することができます。

また、冷凍の野菜を使うことも、楽に時短ができます。枝豆などは、常温においておけばいいものもあります。また、レトルトのラーメンやカレーなどを食べるときにも、冷凍の野菜をさっとゆでて、加えるのがおすすめです。

話題になった食べ物は試しています

年齢を重ねると、いろいろ悩みも出てきます。肌のこと、髪のこと、体型のこと。などなどです。いろいろ自分に気をつかってあげたいけれど、お金のかかることはできません。

私は、雑誌などの記事から得た情報で、主に食べ物などで、体の中から自分に気をつかってあげています。
例えば、アマニ油。一ビンが小さくて、普通のサラダ油に比べたら、とっても高いですが、食る量は小さじ1程度ですから、けっこうもちます。私は、おむすびに一たらししたり、結構料理に使っていたのですが、ほかの家族からブーイング。魚くさいにおいがだめだったようです。食べているのは私だけなんですけれどね。

それからココナッツオイル。万能のようなので、これも早速買いました。コーヒーに溶かしてアロマコーヒーにして毎朝飲むのですが、これも家族からブーイング。においがいやだと。私だけが使っているんですけれどね、これも。

そして、アーモンド。ビタミンEや鉄分が豊富ですから。これがいちばん続いています。家族もぽりぽり。おすすめですよ。

食事の時に2つのことを気をつけるだけ!簡単美容法

運動大好き!でも寒くなってきて外に出るのが億劫になってきた26歳主婦です。

冬になると、どうしても外に出たくなくなって走ることがおろそかになり、夏など暖かい時期と比べると、若干太りやすいかな?と思うことが多々あります。
太ってくると肌の調子がおかしくなって吹き出物ができたりなど、スキンケアなどの美容法では追いつかいなくなります。

そんな時に気を付けている、美容に大切な太らないための2つのことをご紹介したいと思います!
食事の時にあることを2つ気を付けるだけという簡単さです。

1つ目は、21時以降は何も食べないようにすることです。

本当は、19時以降は何も食べないというほうがいいみたいですが、仕事で忙しかったり、家族の帰りを待ってたりすると、どうしても19時を過ぎてしまうなんてことも多いはずです。
なので、実践可能だと思った「21時以降は何も食べない」を実践しています。
実際のところ、食べ終わってから2時間空けて寝るということさえ忘れなければ太りにくいので、全く問題ないです。

そして2つ目は、野菜を先に食べるようにすることです。

先にごはんなどの炭水化物を食べてしまうと、血糖値が一気に上がり、脂肪を蓄積しやすくなります。
野菜を先に食べれば、血糖値が一気に上がるのを抑えてくれるので、結果的に脂肪が蓄積しにくくなります。
しかも、先に野菜でお腹いっぱいにしておけば、食べすぎ防止にもつながるので一石二鳥です!

今はこの2つを実践しているので、運動をそこまでしなくても太りにくくなりましたし、お肌の調子もとてもいいです。
大変なことだと続かないので、今後も簡単にできることで美容のために気を付けていきたいものです。

油物をとらないようにしています

私はニキビが顔に出やすい体質で、自分でも色々と考え実験してみた結果油物をとらないとニキビが出来ないことがわかりました。精神的につらくても、夜更かししていても油物さえとらなければニキビが出来ないのです。

しかし油物をとらないと手がカサカサになってしまいます。ですので、週に一度だけ油物を沢山とるのです。
週に一度だけであればニキビができない体質らしく、二日連続で油物をとってしまうと、体内が対処できないようでニキビができてしまうことがわかりました。

ですので週に一度だけ、この日と決めて油物をとるのです。すると、手の油はきちんと残りますし、今までは顔のテカリなども気になっていたのですが、テカリもなくなりました。
ずっと油をとらない生活は体にも悪いですしストレスになってしまいます。週に一回だけであればポテチを食べてもOK、と自分で決めています。
今は週に一回の油ものデーは何を食べようかな、ということを考えながら一週間をすごしています。

ストレス解消・食べ過ぎ防止に!ドライフルーツおやつ

30代後半の女性ですが、美容と健康に気を使った生活を心がけています。心身ともに健康でいたいと思う反面、時々ストレスがたまったりすると、無性に何かが食べたい…という衝動にかられてしまうのが悩みです。

そのたびに我慢をしたり、リラクゼーション音楽を聴いたり、水をひたすら飲んでみたりと、様々な工夫をしましたがあまりうまく行きません。ついつい間食をしてしまって、後で胃腸が気持ち悪くなる、という失敗を何度もしてきました。

これに対して最近編み出した対策が、「ドライフルーツのおやつ」作戦です。私は元々果物が好きなのですが、30代を越えてからこういったドライフルーツの良さがだんだんとわかってきました。気に入っているのはプルーンやイチジク、干し梅にレーズンなどです。

硬めのものを選び、ゆっくりゆっくり一心に噛んでいると、思ったよりも満足感がしっかりと得られるのです。また、噛んでいるうちにリラックスができるようで、自然とストレス解消にも役立っているので一石二鳥です。

何か月か続けたところ、お肌の調子も少し良くなっていたようで、まさに私の救世主のようなおやつです。日持ちがするので、何種類かをストックして楽しんでいます!

食生活を変えてみる

私が美容のために気を付けている事、それは油っぽい物や甘い物を摂り過ぎない事です
私の場合肌が弱いというか、体調の変化がすぐに肌に出る体質なので、食生活には気を付けるようにしています。

甘い物特にチョコレートなどを食べると必ずと言っていいほど大人ニキビが出来てしまいます。
ですので出来る限り控えて、食べるとしても日を空けて食べるようにしています。

料理をするうえでは油は絶対に使いますが、最近では油もオリーブオイルに変えるようにしました。
サラダ油よりは影響が出にくいですし、上質な物ならそのまま飲めるくらいサラッとしているので安心して摂取できます。

加えて脂肪分だけではなく刺激物も摂り過ぎないようにしています。
本当は辛い物が大好きなので食べたいのですが、私の場合際限なく食べてしまうので買う段階から我慢しています。

そういった生活を続けていたら味覚も薄味が好みに変わってきました。
今までは辛いものに慣れ過ぎて少し味付けも濃かったかもしれません。
最近ではお肌に吹き出物も全くできませんので効果は出ていると思います。

美容のために食事に気をつけています

美容のためにいちばん気をつけていることといえば、それはやっぱり食事です。

特に、便秘などは肌荒れの原因になると思われるので、とにかく便秘にならないように気をつけています。
そのため、野菜や海藻を毎日、しっかり食べるようにしています。
また、果物などのビタミンCも、肌に良いときくので、朝食などで、果物も食べるようにしたいます。

さて、このごろ気になってきたのが、年齢によるものだとは思うんですが、顔や首筋などのしわです。
どうも、肌の弾力が減ってきたように思われます。そこで、良質のタンパク質も取る必要があると考えるようになりました。

その結果、半年ほど前から、お風呂あがりの飲み物が豆乳になりました。
これで、少しは肌の老化の進行が遅くなるのではと期待しています。

そして、とにかく大事なのは、バランスのよい食事だと考えています。
そして、それに加えて、睡眠などにも気をつけ、からだをいたわることが、美容にも効果があるのだと思います。