お風呂に入っているときの洗顔方法

あたしの顔の洗い方は、時間がかかるので若干骨がおれるかもわかりません。

補足ですが、この方法はお風呂に入っているときにやるやり方です。

自分の洗顔は、まずは絶対に洗顔せっけんをつかいます。

これはどうしても洗顔石鹸でないとなりません。

クリーム状のものよりも固形石鹸タイプの方がすすぎのときにキレイに流せるからです。

そして、これは各々の肌の質によると思いますが、合成物質などがはいってない石鹸をつかいます。

可能な限りいらないものが一つも混じっていないせっけんです。

それから準備するのが洗面器一杯分のぬるま湯です。

ぬるま湯での予洗いはあえてやりません。

入浴タイムですから素肌にはたっぷりと水分がついています。

それから泡を作るネットです。

これはいつもキレイにしてから乾燥させているので、衛生がたもたれている物です。

この衛生が保たれてないと、洗顔によって顔に菌を塗ることになってしまいます。

後は満を持して「洗顔」です。

ネットでこしらえた沢山のアワをお顔にフワッとのせます。

余すところなく広げたら、沢山のぬるま湯ですすぎ落とします。

そこで忘れてはいけないのは、間違っても手のひらで顔をこすらないこと。

洗いのこしを出さないこと。

毎日ちゃんと時間を費やしてこんな風な顔の洗い方を実行しています。

時間にゆとりがあったらやってみてはいかがでしょうか。

手の乾燥対策には気をつけているつもり。

決して大金を払っているわけではなく注意をして手肌ケアをしています。

高価な薬用ハンドクリームは使っていませんがありきたりなハンドケアクリームで手荒れも無い状態です。

冷え症だから手が乾燥しやすい方ですが手荒れしやすいことが承知しているので水仕事をしたら保湿に気をつけます。

それとお風呂から上がったら体中の乾燥対策です。

近頃は浴室の中で使う専用のボディミルクが売られているので利用してるんですよ。

とても都合が良いのです。

冷え性で寒がりなのでお風呂から上がって肌の手入れをするのが大変。

体のスキンケアは浴室で終わらせます。

肌もやんわりとしているしローションもよく広がり効率がいいです。

全身に保湿クリームを付けることで手肌まで保湿されることになります。

就寝前にはまたハンドケアをします。

手荒れ用クリームを塗り込んで手ぶくろをはめます。

まずシルク製の手袋をしてその上からコットンの手ぶくろを。

こうやって翌朝まできちんと保湿ケアすれば次の日の手肌は見違えるくらい滑らかになるのです。

スギ花粉が舞っている今の季節に私がいつも気を配っていることは「鼻を強くかまないこと」「鼻汁が止まらないようなら早々に鼻炎のお薬を飲むこと」です。

鼻炎のクスリはいつも持っています。

それから目が痒くなったときや赤くなったときの眼薬もすぐに使えるように持っています。

なぜかと言うと目が花粉でかゆくなると掻くのを我慢できなくなるから・・・。

そしてかき始めるとたちまち目のかゆみが強くなってしまうからです。

眼の痒みは我慢できないことがあり、どうしても目の周辺に手が行ってしまいます。

もう辛抱できないということですね・・・。

だけどそのように目に触れたり鼻をかみ続けていると顔の表情が変わります。

鼻のまわりはこすって真っ赤になってきます。

悲惨な時は鼻下が肌荒れを起こしてしまいます。

眼にしてもひっきりなしに掻いていると目蓋が腫れぼったくなってしまいます。

これじゃあどんなに綺麗にメイクを施してもヘアスタイルを整えても意味がないです。

無理をしないで鼻炎の薬を飲んでいます。