効果的に贅肉を落としていくという作戦

あたしは夜の十一時までアルバイトをしています。

自宅に戻るのが、午前12時くらいで、仕事のある日は自宅に戻ってからご飯を食べていました。

イライラすることも多かったので、どか食いに走り、以前の体重より7Kg以上もデブになってしまいました。

7キログラムも重くなったので、シェイプアップする事にしました。

最近スタートさせたのですが、食生活に気をつけるのと、運動を始めました。

食事は、油っこいものなどは出来るだけ避け、野菜や果物などをたっぷりと摂るようにしています。

体を動かす事としては、腹筋運動やスクワット運動、背筋運動をしていて、効果的に贅肉を落としていくという作戦で日々励んでいます。

だけど、この皮下脂肪がおいそれとは取れてくれなくって困っています。

あと、二十時をすぎたら何も口にしない方がいいと聞いたことがあるので、午後八時以降は食事などをしないようにしています。

あと、できる限りカロリーコントロールもしています。

トータル1200~1300kcal程度で考え、食べ過ぎないように心掛けています。

今年の夏までに痩せて水着を着たいので頑張りたいと思います。

若い時分はいっぱい食べていても太らなかったのですが、20代を終えた途端口にしたモノがそのまんまボディにあらわれるようになってしまいました。

でも甘い物断ちは辛いですよね。(大好きなんです!)

なので甘い物を止めずに、それから太りにくくするために、甘いもののお菓子は日に一品、お昼ご飯前までに楽しむというマイルールを決めました。

何カロリーまでとかじゃなく、1品だけ食べていいことにしています。

なので、甘さ控えめのわらび餅でも高カロリーのバウムクーヘンでも、1品は1品なのです。

お菓子であれば、チョコレートならば1箱も許容範囲としています。

それでもお徳用パックなどは決め事として、半分とか、1/4など考えて食べています。

午前中に摂取しているので、身も心も十分満足出来ておりストレスもありませんし、何kcalまでとか決めていないので難しいこともなく、自由に口にしたいおやつを口にする事ができます。

それから、運動など意識的に行わなくても、日常的な活動だけでキチンとエネルギーを燃焼できるので、太りにくくなりました。

また午前中以外に甘いものに手を出したくなった時は、甘さを感じるルボイスティーなどを代わりに飲んで、マイルールを守っています。

思春期頃からニキビができやすく、メイクをしないと、プツプツと目について、更に跡が残っているところもあり、頭を抱えていました。

ドラッグストアで売っている塗り薬を使ったり、ニキビ専用の薬用ローションも使ったけれど、全然よくなりませんでした。

食べるものも気をつけてみましたが、よくなる気配は全く見られず、鏡に映る顔が怖くて、気分も沈みがちでした。

ニキビ専用の化粧水や薬屋で普通に売っているにきび薬は当然試してみましたが、改善されることはなく、そのままの状態が続きました。

雑誌を読んでいて、にきび治療でヒフ科に通院していたといった内容を見て、すぐに受診してみました。

やっぱり、ヒフ科でもらうクスリの方がよく効いて、さらに、ビタミン剤も出してくれて、良くなっていく気配が少しずつ見られました。

最初から行けば良かったと後悔しています。

数ヵ月したら全く気にならないくらいに良くなってきました。

肌荒れに関しては、自分で解決しようと思わず、皮膚科で相談するのが良いと思います。

テレビのCMなどで見かけるニキビ薬は重症でなければ改善するかもしれませんが、結局は皮膚科で出されたものが最も効果があると思いました。