日光とのうまい付き合い方

美白を保つために、紫外線を浴びるのは極力避けたいですよね。
しかしながら、必ずしも日光そのものが害悪なわけではありません。
人は適切な量の日光に当たらないと、かえって体や心を害してしまうのです。

たとえば、日光は、ビタミンDを生成するのに必要不可欠なものです。
ビタミンDはカルシウムと体内の骨の結びつきを強め、骨の生成に重要な役割を果たします。
このビタミンDを摂取するには、食べ物からよりも、日光に浴びた方が効率的作れます。
ビタミンDが欠乏すると、骨がもろくなったり、疲れやすくなったりするので、適度に日光に当たりましょう。

また、日光、特に朝日を浴びることは、体内の生活リズムを整え自律神経のバランスを調整する役割も担っています。
自律神経のバランスが乱れると体調を崩しやすくなったり、うつ病のような症状が出てしまったりするなど、心身ともに悪い影響を及ぼします。

また、生活リズムも狂い、夜型の生活になりやくなり、不眠症やストレスによる過食などにも繋がってしまいます。
こういったバランスの乱れによって太りやすくなるという説もあるので、気をつけなければなりません。

だから、美容と健康のために、一日、最低でも15分程度の日光を浴びることを大切です。
その時は、日焼け止めを塗らずに行ってください。せっかくの日光の効果が遮断されてしまうからです。
もちろん浴びすぎは皮膚にダメージを与えかねないので、適度に行ってください。