常に体を冷やさない

冬はもちろん夏の冷房がきいている室内でも気をつけているのが、体を冷やさないということです。
手や足の指先などが冷えているとすぐに分かるものですが、実は首、手首、足首の三つが冷えていると体によくないそうです。

「寒いな~」と思ったときに足首を触ってみるとものすごく冷たくて驚きました。
ここが冷えていると内臓が冷えており、健康や美容に害を与えてしまうそうです。
肌が荒れたり、自律神経が乱れたり、逆にこの3箇所をしっかり温めることで冷えを防ぐことができます。

最近私がやっている美容法は「足湯」です。
朝起きたときや寝る前に、洗面器にお湯をはって、入浴剤を少し入れます。
ちょっと熱いかなと思うくらいの温度にくるぶしから下を10~15分ほど温めています。
じんわり温まって気持ちが良く、心もホッとまろやかになるのです。

その後に足湯から出たあとも保温効果が続いていて、一日足の冷えを感じずに過ごせるのです。
この時期特に、足湯にはまっています。
冷えに悩む女性におすすめです。