肌状態をよくするためには体の中をきれいにすることが重要

「皮フは内臓の健康状態を表す」だという事なので、肌状態をよくするためには体の中をきれいにすることが重要ではないでしょうか。

皮フの細胞は摂った食材の栄養分から出来ています。

栄養は腸内で吸い上げられます。

そのため、便秘などをしないように注意しています。

整腸効果を求めて、繊維質の多い食べ物をたっぷりと摂るようにしています。

食物繊維は保水力があるのでふくらみ「大きな便」となり、腸に働きかけて大腸の蠕動運動を活発にします。

優秀な繊維質食材としてあげられるのは、葉野菜や根菜、藻類、フルーツに納豆と色々あります。

野菜系は毎日忘れずにしっかりと摂るように心掛けています。

一日で両手に山盛りの量くらいはいただきます。

小腹が減ったらフルーツやナッツを主に口にしています。

穀類は精白米ではなく、食物繊維総量の高い玄米や雑穀などにしています。

繊維質が多い食事内容にすることで、快便になります。

お通じがなくてニキビが悪化したこともあるけれど、キチンと出るようになったらニキビができなくなりました。

腸内環境を整えることが最優先事項だなぁと思います。

私がこの何年間か実施しているとっておきのスキンケアがあります。

この方法を指南してくれたのは、美容部員でもある女友だちです。

その子の美肌は外側ケア以外の秘密がありそうだったので、食事について訊いてみたら、打ち明けてくれたのがブレックファーストでした。

友人は起き抜けは胃などに負担が掛かりやすいということで、消化しにくいものを摂取しないのだそうです。

ですが、何か食べなくてはパワー不足になるし、不健康なのでって事で摂り始めたのが朝食スムージーだったそうです。

おまけに普通のスムージーではなくて、フルーツやお野菜だけでなく米麹甘酒も入れるのだそうです。

はじめは美味しくなかったらいやだなぁと憂慮していたんですが、これが本当に美味しくて飲みやすくて素肌に物凄く効果的なのです。

私のレシピはほうれん草と季節の果物、アボカドを適量、水気としてお店で売っている甘酒飲料を1本分投入して攪拌します。

これが実に美味しくて体内からキレイになる感じがしています。

言うまでもなくその他の効果もあって便通もよくなります。

ワタシが美容関係で意識的にやっていること、それは水分補給です。

大人の女性は毎日2リットルのミネラルウォーターを飲むと美容によいという話を知ったので、それからというもの成る丈日毎2リットルミネラルウォーターを体内に入れるようにしています。

先日三十一歳の誕生日を迎え、肌の老化が始まるという「25歳」もとうにすぎ、30才で出産を経験してから一気に老け込んだ感じがします。

疲れが出ているという事もありますが、エステ通いしたり高級化粧品は買えません。

可能な限り簡単にしかも安上がりな美容術として発見したのが「お水を摂取すること」でした。

これまでは若いのをいいことにメイクにばかり力を入れ、たいして「美肌」にかんして考えたことはありませんでした。

しかし年も年なので、この先はお肌のお手入れをキチンと行っていきたいです。

それには先ず身体の中から潤すことが大切です。

栄養に偏りのない食事内容や適度な運動、安眠やイライラしないことなどは、やっぱり子育て中の自分にとってはなかなか実行できない課題ですが、2リットルミネラルウォーターを摂ることなら子育て中でもできます。

取りあえずこういった事から、美しい肌を取り戻すケアをしたいと思っています。